AGA

AGA治療は後悔する?費用や副作用などのデメリットやAGA治療のやめどきを解説

2023.11.212024.05.01

AGA治療で後悔する理由を知恵袋などから調査し、後悔しないために知っておきたいデメリットを解説しています。
AGA治療にかかる費用や副作用に加え、AGA治療は効果がないのか治療によって得られる効果とAGA治療のやめどきについてもまとめています。
AGA治療で後悔しないためのポイントと、おすすめのAGAクリニックもご紹介しているので、AGA治療で後悔したくないと考えている方は治療を検討する際の参考にしてください。

AGA治療で後悔する理由からデメリットをチェック

AGA治療を受けた方の中には「後悔した」という人がいるようですが、どのような理由でそう感じてしまったのかを知恵袋などの情報を元に調査し、後悔の原因となり得るAGA治療のデメリットもまとめたのでチェックしてみましょう。

AGA治療で後悔した理由から分かるデメリット①
『AGA治療に思ったよりもお金がかかった。』
『もしかしたらもう少し治療の費用を抑えられたかも・・・。』

AGA治療には高額な費用がかかる場合がある
AGA治療で後悔した理由から分かるデメリット②
『あまり効果を感じられなかった。』
『3ヶ月も治療を続けているのに変化が実感できない。』

AGA治療の効果がないと感じるケースがある
AGA治療で後悔した理由から分かるデメリット③
『副作用が出てしまって後悔している。』
『治療を始めてすぐに毛が抜けてしまったし、実は体に悪かった・・・?』

AGA治療によって副作用が起こる可能性がある

AGA治療に後悔している理由には上記のような意見が多く、AGA治療のデメリットである「費用面」「効果の有無」「副作用」のいずれかに対して後悔を感じてしまうケースが多いようです。

AGA治療で後悔してしまう詳しい原因についてはこのあと説明していくので、これからAGA治療を検討している方、AGA治療で後悔しないように不安を減らしたいという方は参考にしてみてください。

AGA治療の費用に後悔!治療にかかる費用の相場を確認

AGA治療を受けた人の中には『AGA治療はお金がかかる』『他のクリニックの方が費用を抑えられたかも』とAGA治療にかかった費用に後悔している人もいるようです。

AGA治療には「内服薬」「外用薬」を用いた投薬治療と、「注入治療」「自毛植毛」がありますが、使用する治療薬や治療法によって費用に差があります。特に内服薬にはいくつかの種類があり、種類によっても値段に違いがあります。

さらに、受診するクリニックによっても費用が異なるので、費用面で後悔しないためにも、事前に各クリニックの治療薬や治療法によってかかる費用を確認しておくことが大切です。

以下では、サイトに掲載しているクリニックの情報を元に、治療薬・治療法別に治療費用の下限から上限まで記載しているので、どのくらいの費用がかかるのか、チェックしてみましょう。

AGA治療法 AGA治療の名称 費用相場
内服薬 フィナステリド
※プロペシアのジェネリック医薬品
約3,500円~17,000円/月
プロペシア 約8,000円~14,000円/月
デュタステリド
※ザガーロのジェネリック医薬品
約5,000円~15,000円/月
ザガーロ 約10,000円~13,000円/月
ミノキシジル 約5,000円~17,000円/月
外用薬 ミノキシジル 約6,000円~22,000円/月
注入治療 メソセラピー、HARG療法 など 約10,000円~390,000円/回
自毛植毛 FUE法、FUT法 など 約800,0000円~/500グラフト
※ 当サイトでご紹介しているクリニックの費用を元に記載しています。

上記のように、AGA治療は治療法によって費用に差があるのが分かります。
その中でも投薬治療は注入治療や自毛植毛に比べて低価格で受けられますが、内服薬については種類によっても費用が異なります。

また、クリニックによっても治療費用が異なり、さらにオリジナル治療薬を用いた治療を用いて治療を行う場合には数万円の費用がかかることから、ひとつの治療薬を見ても数千円~数万円の価格差があります。

薄毛の進行状態によっては治療薬をいくつか組み合わせて治療を行う場合もあるため、その際にはプラスで費用がかかるということを覚えておくとよいでしょう。

尚、AGA治療は保険診療適用外の自由診療に分類されるため、全額自己負担になります。
自由診療で行うAGA治療は、クリニックごとに治療費用を自由に設定することができるので、同じ治療でもクリニックによって価格に差が生じます。

AGA治療は保険診療で行う治療と比べて高額になることや、クリニックや治療法によって費用に差があることからも後悔してしまう原因に繋がるため、複数院のクリニックで提示されている費用を比較し、自分の予算と合わせて検討する事が大切です。

AGA治療は効果ない?治療効果と実感までにかかる期間

AGA治療を受けている人の中には、『効果を感じられない』といった理由が後悔する原因になっているようです。

AGAは進行度にあった治療を行わないと、効果を実感することができません。

ここでは、AGA治療薬や治療法の種類と効果について解説していきます。

AGA治療薬のフィナステリド・デュタステリド・ミノキシジルの効果

「投薬治療」はAGAの初期に推奨される治療法です。
実際にAGA治療薬にはどのような効果が期待できるのか、内服薬と外用薬に用いられる治療薬の有効成分から各治療薬の効果を確認してみましょう。


フィナステリド・デュタステリドの効果【内服薬】
有効成分:フィナステリド
治療薬名:プロペシア、フィナステリド など

頭頂部や前頭部に分布している酵素の一種「5αリダクターゼⅡ型」の働きに作用し、「ジヒドロテストステロン(DHT)」の産生を阻害することで、抜け毛による薄毛を改善する効果が期待できる。 有効成分「フィナステリド」の血中半減期は6時間~8時間とされている。

有効成分:デュタステリド
治療薬名:ザガーロ、デュタステリド など

全身の皮脂腺や毛乳頭細胞に分布している「5αリダクターゼⅠ型」と「5αリダクターゼⅡ型」の働きに作用し、「ジヒドロテストステロン(DHT)」の産生を阻害することで、抜け毛による薄毛を改善する効果が期待できる。
有効成分「デュタステリド」の血中半減期は3週間~5週間とされている。

AGA治療薬のなかでも、「フィナステリド」や「デュタステリド」が配合された治療薬は、どちらも「抜け毛の予防」や「毛髪の維持」のために用いられ、多くのAGA治療を行うクリニックでも取り扱われているスタンダードな治療薬です。

2つの有効成分は、作用する「5αリダクターゼ」の種類と、有効成分が血液中に留まる「血中半減期」が異なるため薄毛の状態に応じて処方されます。
フィナステリドとデュタステリドを併用することはできませんが、フィナステリドを服用していて効果が得られない場合には、デュタステリドに変更して治療を行う場合もあります。

ミノキシジルの効果【内服薬・外用薬】
有効成分:ミノキシジル
内服薬の治療薬名:ミノタブ、ミノキシジル内服 など
外用薬の治療薬名:ミノキシジル外用、ミノキシジルリキッド など

血管を拡張し血流を改善することにより、毛髪の成長に関わる栄養を届きやすくする作用と、毛母細胞細胞を活性化させる2つの作用があることで、発毛促進による薄毛を改善する効果が期待できる。

内服薬は服用することで血中から取り込まれるため、頭髪のみならず全身の毛に作用する可能性がある。

ミノキシジル配合の治療薬には内服薬と外用薬があり、発毛効果が期待できることで薄毛の改善に用いられることが多いです。
前述しているフィナステリドやデュタステリドと併用することもでき、組み合わせて使用することで「抜け毛の予防」と「発毛の促進」の効果が期待できます。

ミノキシジル内服薬は血中からのアプローチになるため、頭髪のみならず全身の毛にも作用してしまう可能性がありますが、外用薬と比べると高い発毛効果が期待できると言われています。
しかし、ミノキシジル内服薬は副作用のリスクが高く、AGAの治療薬としても推奨されない国内未承認薬となっているため服用には注意が必要です。

ミノキシジル外用薬についてはAGAの治療に適している「推奨度A」と記載されているため、AGAの治療薬としても有効な治療薬です。
外用薬は部分的に塗布できるため、薄毛が気になる箇所に使用することで部分的な発毛効果が期待できます。

個人輸入したAGA治療薬は注意!

現在では、インターネットを利用して海外製の製品を個人輸入という形で入手することができますが、個人輸入で治療薬を購入した人の中には「効果がなかった」と後悔する人もいるのが現状です。
海外製の製品の多くは外国語表記となり、用法用量や内容成分が不明瞭な点や、偽造品が手元に届く可能性もあります。また、AGA治療薬には副作用のリスクもあることから、自己判断での使用は危険です。

AGA治療の注入治療・自毛植毛の効果

AGA治療には、前述している内服薬や外用薬を用いた投薬治療のほかに、頭皮下に薬剤を注入する「注入治療」と、自分の毛髪を薄毛部分に移植する「自毛植毛」があります。
どちらもクリニックでの施術が必要になるものですが、どのような効果が期待できるのか、チェックしてみましょう。

注入治療

「注入治療」は、投薬治療のみでは効果を実感できないAGAの進行状態が中度の方に推奨される治療法になります。

注入治療のみで行うことは少なく、投薬治療と合わせて複数回行うことが一般的です。


注入治療の効果
有効成分:ミノキシジル、フィナステリド、成長因子等
名称:HARG療法、メソセラピー など

注入治療で使用される薬剤には、ミノキシジルやフィナステリド、成長因子、アミノ酸、ミネラル、ビタミン類など多くの成分が配合されており、頭皮下に直接注入することで抜け毛の予防や発毛促進の効果が期待できる。

注入治療は主にHARG療法」や「メソセラピー」といった名称で取り扱われていることが多く、主にミノキシジルやフィナステリド、成長因子、アミノ酸など多くの成分を含んだ薬剤が使用されます。
配合成分によっても得られる効果は異なりますが、抜け毛予防や発毛促進効果が期待できます。

注入治療の施術法には、注射器を使用して薬剤を注入する方法と、専用の医療機器で電気パルスなどを用いて針を使わずに薬剤を浸透させる方法があります。
クリニックによって行っている施術法は異なりますが、痛みの程度によって注入法を選んでみてください。


自毛植毛

「自毛植毛」は投薬治療や注入治療では効果が得られない、毛根が無くなってしまっているAGAの進行状態が重度の方に推奨される治療法になります。

自毛植毛の効果

自毛植毛は、毛髪が生えてこなくなってしまった部分にAGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛髪を毛包ごと採取し移植する外科手術で、薄毛になってしまった部分を増毛することができます。

植毛した毛髪は、生着後は生え変わりを繰り返します。AGAの影響を受けにくい性質をそのまま受け継ぐため、AGAの改善が期待できます

施術法には主に、後頭部の頭皮を10cm~20cm幅で切り取り広範囲の植毛が行える「FUT法(ストリップ法)」と、毛根ごと一本ずつパンチでくり抜いて採取・植毛するデザイン性が高い「FUE法(ダイレクト法)」があります。

植毛した毛髪は、生えそろうまでに1年程度の期間がかかりますが、生着率は約8割~9割程度と高いため、AGA治療で後悔している人の中には自毛植毛を検討するケースもあるようです。

ただし、費用相場で前述しているように、自毛植毛は施術法をはじめ植毛する範囲に応じて費用が高額にかかるため、予算を含めて相談することが大切でしょう。

AGA治療で効果を得るには進行度に合った治療が重要!

AGA治療を行うクリニックでは、診察を行ったうえで薄毛の状態や健康状態に適した治療を提案してくれるので、AGA治療で後悔したくないと考えている方は、医療機関を受診し自分に合った治療を行うようにしましょう。

>>AGA治療が行えるクリニックをチェックしてみる


Q.AGA治療の効果はいつから実感できるの?

A.AGA治療の効果実感までにかかる期間は、AGA(男性型脱毛症)の進行状態によって異なりますが、一般的には6ヶ月~1年程度の期間がかかると言われています。
早い人では治療開始から3ヶ月程度で効果を実感するケースもあるようですが、個人差があるため1年を目安に治療を継続することが望ましいでしょう。

「AGA治療は効果がない」と感じてしまう人の中には、治療期間が2ヶ月~3ヶ月を経過した頃に効果に対する不安から後悔している様子が見られます。髪の毛が伸びる期間を考慮しても、焦らず継続することが大切です。

ただし、目安の期間を継続しても効果が得られない場合には、薄毛の状態と治療内容が合ってない可能性も考えられます。その場合には、医師に相談し治療内容を変更したり、治療方針の見直しを行うようにしましょう。

AGA治療が効果ない場合は他の疾患の可能性もあり

AGA治療の効果がない要因のひとつには、薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)ではない可能性も考えられます。
AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンの「テストステロン」と全身に分布している酵素の一種「5αリダクターゼ」が結合することにより、「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されることで抜け毛・薄毛が起こる進行性の脱毛症ですが、薄毛の原因はAGA以外にも様々な種類があります。


AGA(男性型脱毛症)以外の薄毛の種類と主な症状・治療法
薄毛の種類 主な症状・治療法
脂漏性脱毛症 頭皮の皮脂分泌が過剰になり、湿疹やフケ、べたつき、かゆみなどの症状から頭皮環境の悪化が原因で起こる脱毛症。
主に皮膚科でステロイド剤や抗菌薬を用いて治療を行う。
びまん性脱毛症 主に女性が発症しやすいが、男性でも発症する脱毛症で、偏った食事や睡眠不足、加齢、ストレス、間違ったヘアケアが原因とされており、全体的に薄毛になる症状。
栄養の補給や睡眠時間の確保、ストレス発散、ヘアケアの見直しなどの生活習慣の改善、ミノキシジル外用薬を用いて治療を行う。
円形脱毛症 ストレスや遺伝、アトピー性皮膚炎、免疫系の疾患が原因で起こるとされており、頭部に円形または楕円形に毛髪が抜ける脱毛症。
主にステロイド剤や抗アレルギー薬、ミノキシジル外用薬を用いて治療を行う。
抜毛症(トリコチロマニア) 無意識または意識的に自分で毛髪を向いてしまう脱毛症で、ストレスなどの心因性が大きく関わっている脱毛症。繰り返すことで発毛が困難になる恐れがあるため、早期の治療が必要。
精神科などで、認知行動療法や抗うつ薬を用いて治療を行う。

男性が薄毛になる原因にはAGA以外にも上記のような脱毛症があります。
またこれらの他にも、甲状腺機能の異常や帯状疱疹、梅毒などの感染症などでも薄毛や抜け毛が起こる場合があります。

そのため、AGA以外の脱毛症の場合には、AGA治療を行っても効果が得られないばかりか、治療にかけたお金が無駄になり、結果的にAGA治療に対して後悔してしまいます。
薄毛の原因が分からない、上記の項目で思い当たる点がある方は、専門のクリニックや皮膚科を受診し、症状に合わせた治療を受けるようにしましょう。

AGA治療の後悔する原因は副作用?体に悪いのか解説

AGA治療で後悔する理由のひとつに「副作用」が挙げられていました。
副作用は必ず起こるものではありませんが、AGA治療を行うにあたってどんな副作用があるか事前に確認しておきましょう。

治療法によって副作用の症状が異なるので、以下をチェックしてください。

治療法 副作用
【内服薬】
フィナステリド、デュタステリド
食欲不振、ED、性欲減退、精液減少、倦怠感、吐き気、食欲不振、かゆみ、蕁麻疹、肝機能障害、初期脱毛 など
【内服薬・外用薬】
ミノキシジル
【内服薬】
血圧低下、頭痛、めまい、体毛増加、むくみ、心拍数の増加、腹痛、多毛症、立ちくらみ、動悸、初期脱毛、肝機能障害 など

【外用薬】
発疹、赤み、かゆみ、塗布部の痛みやしびれ、心拍数の増加、動悸、耳鳴り、めまい など
【注入治療】
HARG療法、メソセラピー など
施術部の赤み、かゆみ、発疹、内出血、腫れ など
【自毛植毛】
FUE法、FUT法 など
施術部の腫れや痛み、しびれ、感染症 など

フィナステリドやデュタステリド配合の内服薬では、主に生殖機能や循環器系などに副作用が起こる可能性がありますが、高いもので約5%程度のため、いずれも重篤な副作用が起こる可能性が低いとされています。

ミノキシジル配合の治療薬には内服薬と外用薬がありますが、内服薬に関しては日本皮膚科学会では薄毛の治療に適さない「推奨度D」と記載があり、国内では未承認薬となっています。
内服薬は服用することで主に循環器系に副作用が起こるリスクがあるとされているため、副作用のリスクも理解した上で検討することが大切です。
ミノキシジル外用薬に関しては、めまいや心拍数の増加などの循環器系に副作用が起こる可能性はあるものの、患部に直接塗布するため主に皮膚症状が起こる可能性があります。ただし、ミノキシジル外用薬は日本皮膚科学会でもAGAの治療薬として「推奨度A」されており、内服薬に比べても外用薬は副作用が起きにくい傾向があります。

注入治療や自毛植毛に関しては、主に施術部に副作用が見られる場合がありますが、いずれも時間の経過と共に軽快していくことがほとんどです。

副作用の「初期脱毛」にも注意!

AGA治療のなかでも発毛効果が期待できる治療では「初期脱毛」という副作用が起こる場合があります。
初期脱毛はAGA治療をスタートしてから1週間~10日経過後に現れる一時的な脱毛症状で、AGA治療によってヘアサイクルが整うことで、発毛の前段階として現れる好転反応です。ほとんどは1ヶ月程度で落ち着く場合が多いですが、人によっては3ヶ月程度続いたり、数回繰り返すこともあるため、この時期にAGA治療に対して後悔するケースもよく見られます。

薄毛を改善したくて治療を始めたのに、抜け毛が増えると不安になったり後悔したりするかもしれませんが、治療を止めずに継続するようにしましょう。

Q.AGA治療は体に悪い?

A.AGA治療薬に限ったことではありませんが、薬は肝臓で代謝されるため、少なからず肝臓に負担がかかります。
AGA治療薬の副作用の1つに「肝機能障害」がありますが、軽度の症状としては吐き気や食欲不振が起こる場合があります。

副作用のリスクは低いと言われていますが、治療薬を継続する場合には定期的に血液検査を行い、健康状態を確認しながら治療を進めるとよいでしょう。

副作用のリスクは事前にしっかり理解しておく!

AGA治療の副作用は必ず起こるものではありませんが、治療法によって副作用が起こる可能性があります。
副作用が起こることにより、AGA治療を受けたことを後悔してしまう原因にもなるため、医師としっかり相談し副作用についての正しい理解を得ることが大切です。

治療途中で副作用と思われる症状が現れた場合には、直ちに医師に連絡し適切な対処を受けるようにしましょう。
また、副作用が心配な方は、医師と相談しリスクの少ないものから始めてみたり、健康面も踏まえた上で自分に合ったAGA治療を検討してみてください。

AGA治療は一生続ける?AGAは完治しないのか

上記では、AGA治療で後悔しないために費用や効果、副作用について詳しく解説しましたが、AGA治療を始めると「AGAは完治しないのか」「AGA治療は一生続くものなのか」といった疑問をもつ人も多くいます。

率直にいうと、AGAは現代の医療では完治を目指すことは難しいとされています。
あくまでAGA治療は薄毛の進行を遅延させるための対処療法となるため、AGA治療の効果を持続させるためには、継続して治療を行う必要があります。

また、治療を継続することにより金銭的な面で負担を感じる人も少なくありません。
もしAGA治療を続けていくなかで希望していた状態に達した場合には、治療薬の変更や減薬も可能で、それにより金銭面の負担を軽くすることができます。

AGA(男性型脱毛症)は進行性の脱毛症のため、AGA治療を途中で止めてしまうと抜け毛・薄毛を進行させてしまう恐れがあるため、薄毛の進行を止めたいという気持ちがあるうちは治療を続ける必要があるということを理解しておくといいでしょう。

AGA治療のやめどきが分からない!やめるタイミングとは

前述しているとおりAGA(男性型脱毛症)は進行性の脱毛症のため、AGA治療をやめてしまうと薄毛を進行させてしまう可能性が高いです。
そのため、薄毛に対してコンプレックスを抱えている間は治療を継続することが望ましいです。

では、「AGA治療はいつやめればいいのか」という疑問ですが、薄毛をコンプレックスとして思わなくなったときがやめどきと言えます。
若い年代ほど薄毛であることにコンプレックスを抱える方が多いですが、年齢を重ねるにつれ価値観にも変化が現れるようになります。
「同年代で薄毛の友人が増えた」「薄毛に対して恥ずかしいと思わなくなった」など、薄毛に対して重要性をもたなくなったタイミングでAGA治療をやめるといいでしょう。

ただし、治療をいきなりやめてしまうと抜け毛が起こる可能性があるので、医師と相談しながら減薬しつつ止める方向で進めるといいでしょう。

AGA治療で後悔しないために確認しておきたいポイント

AGA治療に後悔している人たちの理由から、後悔しないために事前に確認しておきたいポイントを解説します。
AGA治療を検討している、治療を受けて後悔したら…と不安な人は、以下をチェックしてみましょう。

AGA治療を始めるタイミングは早めが重要

AGA(男性型脱毛症)は進行性のため、治療を始めるタイミングが重要です。
AGA治療は何歳から始めても効果が期待できますが、薄毛の進行状態によっては使用する治療薬や治療法の内容が異なり、さらに効果が実感できるまでの期間にも差が生じます。

薄毛が進んでしまった状態と早期の段階で治療を開始した場合では、早めに治療を開始する方が効果実感までの期間が短く、治療内容も金額的に負担の少ないもので済むという傾向があります。

AGA治療に後悔した人の中には「AGA治療を早く始めれば良かった」といった意見も見られるため、「抜け毛が気になる」「AGAかも?」と心当たりがあれば、クリニックを受診しAGAと診断された場合には早めに治療を検討するといいでしょう。

自分の薄毛・AGAの進行に合わせた治療法を選ぶ

AGA治療は進行状態に合わせた治療法を行うことで効果が期待できるものですが、薄毛の状態に合っていない治療を行ってしまうと、思ったような効果が得られない可能性があります。
例えば、薄毛の状態が進んでしまった状態の治療には、「抜け毛予防」と「発毛促進」の治療が行われることが多いですが、「抜け毛予防」のみの治療を行っても効果を得ることが難しくなります。

AGA治療で得られる効果は、薄毛の進行状態に合わせて適した治療を行うことで実感できるものなので、AGAの進行に合わせた治療法を選ぶようにしましょう。

AGA治療を継続しやすいクリニックかをチェック

AGA治療は継続することで効果が期待できるので、治療開始後は定期的に1ヶ月~2ヶ月程度に1回の間隔で受診する必要があります。

クリニックによって診療時間が異なり、平日のみ診療を行っていたり、土日祝も関係なく診療に対応しているところなど様々です。また、クリニックによっては対面診療だけでなく、オンライン診療にも対応してるので、自分に合った受診方法を選択するといいでしょう。

AGA治療は継続することで少しずつ効果が得られるものなので、クリニックの診療時間や定休日、受診方法などにも注目し、自分にとって継続しやすいクリニックかをチェックしておきましょう。

AGA治療で後悔しないために

当記事内の項目で説明しているように、後悔している人の理由からも、

  • 費用面で後悔しないために複数院の費用を比較検討する
  • 効果で後悔しないために薄毛の状態に適したAGA治療を行う
  • 副作用で後悔しないために副作用のリスクを理解しておく

などの点に気を付けてAGA治療を検討することが大切です。

また、AGAの進行状態は人により異なるため、薄毛の状態に適した治療を行うことはもちろんですが、治療のタイミングや定期受診しやすいクリニックを選択することも後悔しないために大切なポイントです。

AGA治療におすすめのクリニック5選

最後に、AGA治療におすすめのクリニックをご紹介します。
各クリニックで行うAGA治療や主な費用、特徴をポイントでまとめているので、AGA治療を検討する際の参考にしてみてください。

クリニックフォア

AGA治療プラン 費用
予防プラン
フィナステリド
・定期配送
初月:1,760円※1
2ヶ月目以降:3,412円/月

・12ヶ月定期配送
キャンペーン価格:12,584円(1ヶ月あたり1,049円)※1
通常:26,615円(1ヶ月あたり2,218円)

・通常価格
4,015円/月
発毛ライトプラン
フィナステリド+ミノキシジル内服
・定期配送
9,163円/月

・12ヶ月定期配送
キャンペーン価格:22,212円(1ヶ月あたり1,851円)※1

・通常価格
10,780円/月
ミノキシジル外用薬12% 定期:10,285円/月
通常:12,100円/月
3ヶ月分:34,485円
※1 決済ページでクーポンコードを記入した場合に適用されます。

クリニックフォアのここがポイント!

①予防プラン・発毛ライトプランの12ヶ月まとめて定期配送は初回6ヶ月分無料

クリニックフォアは対面の診療と初診からオンラインでの診療に対応しています。「予防プラン」や「発毛ライトプラン」の12ヶ月まとめて定期配送を申し込み、決済ページでクーポンコードを入力すると薬代が6ヶ月分無料になります。

②まとめ買い・毎月の定期配送でも割引きあり

クリニックフォアのオンライン診療では、通常の購入方法のほかに、3ヶ月分・6ヶ月分・12ヶ月分の定期配送での購入も選択できます。定期配送は最大15%オフになるため、長く続けたい人にも費用負担を抑えてAGA治療が行えます。

③全額返金保証制度あり

クリニックフォアには「全額返金保証制度」があり、体に合わなかった場合には治療にかかった費用が全額返金されます。AGA治療が初めてで不安な方でも治療が始めやすいでしょう。


クリニックフォアの情報
AGA治療 ・内服薬:フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジル など
・外用薬:ミノキシジル
診察料・カウンセリング料などのその他費用 ・診察料:無料(処方なしは1,650円)
・処方薬の配送料:550円
割引特典・保証 ・12ヶ月プラン6ヶ月無料
・まとめ買い割
・定期配送割
・全額返金保証制度
診療時間 7:00~24:00
※オンライン診療の時間。変動する場合もあり。
クリニック数 11院
公式サイトURL https://www.clinicfor.life/

レバクリ

AGA治療プラン 費用
育毛プラン
フィナステリド
定期配送:初月0円 2ヶ月目以降:3,663円/月
6ヶ月定期:20,757円(2ヶ月無料割引き適用後13,908円)
通常:4,070円/月
発毛プラン
フィナステリド+ミノキシジル内服
定期配送:初月0円 2ヶ月目以降:8,863円/月
6ヶ月定期:40,902円(2ヶ月無料割引き適用後27,403円)
通常:10,428円/月

レバクリのここがポイント!

①診察から処方までが最短15分

レバクリはAGA治療に対応したオンライン診療専門クリニックです。オンライン診療はスマホのビデオ通話で診察を行い、診察から処方まで最短15分と短いため、空き時間を利用して受診することができます。

②定期配送で初月0円

レバクリでは治療薬を毎月届けて貰える定期配送プランが用意されており、定期配送を希望すると初月無料で治療が始められます。また、6ヶ月間隔で配送される定期プランも選択可能で、その場合は2ヶ月分の治療薬の料金が無料になります。

③コンビニでの受取もOK

レバクリでは配送先の指定もでき、自宅はもちろん近くのコンビニなどでも受け取りが可能なので、不在時の受け取りも心配ありません。また、治療薬は最短当日中に発送されるので、地域によっては翌日から治療が始められます。


レバクリの情報
AGA治療 ・内服薬:フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジル
・外用薬:ミノキシジル
診察料・カウンセリング料などのその他費用 ・診察料:無料
・送料:550円(定期配送は初回無料)
割引特典・保証 ・定期配送初月無料
・3ヶ月定期1ヶ月分無料
・6ヶ月定期2ヶ月分無料
・全額返金保証制度
診療時間 10:00~21:45
クリニック数
公式サイトURL https://levcli.jp/male-aga/

イースト駅前クリニック

AGA治療プラン 費用
フィナステリド 初回1ヶ月分:1,650円
通常:3,740円~/月
3ヶ月分:10,560円~
デュタステリド 通常:6,930円/月
3ヶ月分:19,690円
ミノキシジル外用薬 通常:5,500円/月
3ヶ月分:15,620円

イースト駅前クリニックのここがポイント!

①受付から治療薬の受取まで最短10分

イースト駅前クリニックでは、対面診療では10分~15分程度、オンライン診療では15分~20分と短いため、スピーディーに受診したい方にも向いています。受診方法はその時の都合に合わせて対面診療とオンライン診療とで選べます。

②医師・スタッフが全員男性

イースト駅前クリニックは全国に30院以上あり、すべての院が最寄駅から徒歩5分で通院できる立地にあります。AGA治療やED治療などを行っているため、診療にあたる医師やスタッフ全員が男性のため通院や相談がしやすいでしょう。

③毛髪ホルモン量測定キットもあり

イースト駅前クリニックでは、薄毛の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の数値が分かる「毛髪ホルモン量測定キット」も取り扱っています。AGAのリスクを検査することができるので、AGAかもしれないと悩んでいる方は利用してみるといいでしょう。


イースト駅前クリニックの情報
AGA治療 ・内服薬:プロペシア・デュタステリド・ミノキシジル など
・外用薬:ミノキシジル
診察料・カウンセリング料などのその他費用 診察料:無料(処方なしは3,300円)
送料:1,100円
割引特典・保証
診療時間 月~金:10:00~22:00
土日祝:10:00~18:00
クリニック数 40院
公式サイトURL https://www.eastcl.com/

AGAスキンクリニック

AGA治療プラン 費用
予防・AGAの進行を遅らせたい
フィナステリド
初回:3,700円
2回目以降:6,600円/月
発毛を希望
フィナステリド+ミノキシジル内服
15,400円/月 ※1
注入治療
ミノキジェット
33,000円~/回
※1 12ヶ月コースの場合

AGAスキンクリニックのここがポイント!

①オーダーメイドのAGA治療が行える

AGAスキンクリニックでは、内服薬や外用薬を用いた投薬治療をはじめ、注入治療や自毛植毛にも対応しています。豊富な治療法の中から様々な組み合わせで治療を行うため、薄毛の状態と予算に適したオーダーメイドの治療が行えます。

②クリニック数が多い

AGAクリニックは提携院やレディース院を含めて全国に60院以上あるAGA治療を専門に行うクリニックです。クリニック間での移動も手続きなしで行えるため、引っ越し先にAGAスキンクリニックがあれば同じ治療を継続できます。

③その他の費用が無料

AGAスキンクリニックでは、初回のカウンセリングはもちろん、初診料や再診料、定期的な血液検査料まで無料で対応しています。AGA治療以外の費用がかからないので、追加費用を気にせず治療が行えます。


AGAスキンクリニックの情報
AGA治療 ・内服薬:フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジル・オリジナル治療薬 など
・外用薬:ミノキシジル
・注入治療:ミノキジェット・メソセラピー など
・自毛植毛:Hair Strong
診察料・カウンセリング料などのその他費用 診察料・カウンセリング料:無料
血液検査料:無料
割引特典・保証 初月料金割引
発毛実感モニター
交通費補助制度
全額返金制度 など
診療時間 10:00~22:00
※院により異なる
クリニック数 66院
公式サイトURL https://www.agaskin.net/

Dクリニック

AGA治療プラン 費用
単剤処方治療
フィナステリド
初回:1,100円
2回目以降:4,400円/月
アドバンスト発毛治療 33,000円/月

Dリニックのここがポイント!

①独自システムで治療法を提案

Dクリニックでは独自システムの「SAGAS」を導入しています。過去300万人以上の治療実績を元に患者の薄毛の状態に近い症例から治療法を提案しており、一人ひとりの薄毛の状態に合わせてAGA治療薬の調剤を行っています。

②明朗会計で都度払い

Dクリニックの治療プランは、ローンが発生するような高額なAGA治療は行っていません。最大でも月33,000円の費用で受診ごとに支払う都度払いとなり、診察料や血液検査料なども治療費用に含まれています。

③院内は待合室から個室

Dクリニックでは全院が完全個室となっています。待ち合いから診察、治療薬の受け取り、会計まで個室での対応になるため、他の患者と顔を合わせることなくプライバシーに守られた環境でAGA治療が行えます


Dクリニックの情報
AGA治療 ・内服薬:フィナステリド・プロペシア・デュタステリド・オリジナル治療薬 など
・外用薬:オリジナル治療薬
診察料・カウンセリング料などのその他費用 治療費用に含まれる
割引特典・保証
診療時間 10:00~19:00
※院により異なる
クリニック数 6院
公式サイトURL https://www.d-clinicgroup.jp/clinic/
【まとめ】AGA治療で後悔しないためには?

AGA治療で後悔している方の理由は、大きく分けて「AGA治療を受けたことによる後悔」の一方で、「AGA治療を行わなかったことへの後悔」の2つがありました。

AGA治療は自費診療のため高額な費用がかかったり、副作用が起こる可能性や効果実感までにかかる期間など、AGA治療を行うことによりデメリットになる面もあります。そのため、AGA治療を行うことによるデメリットについてもしっかり理解しておくことが大切です。

また、AGA治療の効果は治療を受けてみないと分からないというのが現状ですが、AGA(男性型脱毛症)は進行型の脱毛症になるため、治療を受けるか悩んでいる間にも薄毛は進行しています。
早期治療によりAGA治療の効果が早く実感できたり、負担の少ない治療内容で済むケースもあるので、AGAの疑いがある方はまずは相談から始めてみて、現在の状態がどのようなものかを把握しておくといいでしょう。

参考文献
男性型脱毛の発症メカニズムと治療戦略
ミノキシジルの発毛作用について
ミノキシジルのリスク区分について

 
SUTEKi_ONE